EMとは

EM(通称:EM菌*)はEffective(有用な)Microorganisms(微生物たち)の英文の頭文字に由来しています。その名の通り、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。 

「EM菌」という菌は存在せず、EM中の微生物の集合体の総称として広く使われています。

光合成細菌・乳酸菌・酵母

EMの中心メンバーは、ヨーグルトでおなじみの乳酸菌、パンづくりに活躍する酵母、田んぼの中にいる光合成細菌。 肌に触れても、万が一口に入っても全く問題がなく、人も地球も元気にしてくれる微生物たちです。

  • 硫化水素やメタンなどの有害物質を分解し、抗酸化力の高い環境に整えます。乳酸菌や酵母に支えられることで、本来の力を発揮することができ、EMの力を代表するリーダー的な役割をしています。
  • ヨーグルトやチーズをつくる時に活躍する微生物で、強い酸をだすことで病原菌の繁殖を抑えます。EMの中では、悪い微生物から光合成細菌や酵母を守る役割をしています。
  • パンやビールづくりに欠かせない微生物で、有機物を分解し、有機酸やアミノ酸などをつくります。それらは他の微生物のエサになります。酵母はEMの中で、みんなの食事を用意する役割をしています。

微生物環境のバランス 善玉菌と悪玉菌の綱引き

酸素があふれている今の地球は、悪玉菌の方が増えやすい環境になっています。善玉菌は酸素を嫌う傾向が強く、悪玉菌は酸素を好む傾向が強いからです。日和見菌も酸素を好む傾向が強く、何もしない状況下では、日和見菌は悪玉菌の応援をしがちです。

そこでEMの出番!EMが増えると、環境が抗酸化状態になるため、日和見菌は悪玉菌の応援をやめておとなしくなります。

また、EM以外の善玉菌たちは力を発揮しやすい環境になり、善玉菌が優位になります。 善玉菌が増え、悪玉菌が活動しにくい状況になったことで、人にも地球にも有用な環境が生まれます。

EMを知る

EMについて

EMのメカニズム

4コマでわかるEMマンガ

コラム「EMのチカラ」