健康と食・キッチン雑貨

EMてぃだの生塩

  • 500gと100g

  • 天日干し製法

  • 久米島の美しい海

  • 原料となる海水の取水地

  • 釜炊き製法でじっくりとつくられる

EMで熟成された高機能なお塩

美しい自然が広がる沖縄久米島の沖、水深612mより汲み上げた海洋深層水を100%ベースに使用しています。直火を使わず、濃縮・蒸発・天日干しで、海洋深層水の素材の旨みを活かすことにこだわりました。
カドのない自然な旨みで、マグネシウムやナトリウムのほか微量のミネラルが含まれています。

  • 100g/袋1,029円(税込)
  • 500g/袋3,600円(税込)
“健康のために減塩する”はもう過去の話。今は減塩によるミネラル不足が体調不良を招いていると言われています。
ミネラルバランスの整ったお塩は安心して摂れる健康の源。
賢い女性はミネラルが健やかな美しさをつくることを知っています。

減塩がからだによいというのはウソ?!

以前の私は何の疑問も持たず、減塩を信じて指導してきましたが、食を考えるようになってから、その理由を知りたくなり、他の医師や栄養士に聞いたのですが、誰も知りません。

いろいろと調べると、減塩の意味はないどころか、逆に健康に悪いという結論に達しました。
1988年にスタムラー医師が国際的に広範な地域で1万人以上を対象に調査した結論は、「食塩摂取量と高血圧発症率との関係はないか、あったとしても弱い」と評価しました。

日本で厚生労働省が発表した高血圧患者数の推移と塩分摂取量のグラフを重ねてみても一致しません。
誤った情報の最初の刷り込みとは恐ろしいものです。むしろ、減塩によるミネラル不足のほうが問題になってきます。
田中 佳 先生(医師・医学博士、脳神経外科専門医、抗加齢医学専門医)
参考文献:厚生労働省「平成17年国民健康栄養調査結果の概要」
EMてぃだの生塩は、海洋深層水の素材の旨みを活かすよう、直火を使わず、濃縮し釜で煮詰めて天日干しにより仕上げました。もともと有害物の少ない海洋深層水を用いているので、大きなエネルギーを掛けずに製造が可能です。主に蒸気釜で煮詰める際にEM技術を活用しています。
EMてぃだの生塩はいわゆる「天日塩」のタイプです。

沖縄深海の自然の恵み

美しい自然が拡がる沖縄県久米島の沖、水深612mよりくみ上げた海洋深層水を100%ベースに使用しています。
久米島の美しい海

久米島海洋深層水100%使用

『海洋深層水とは』

太陽光が十分に届かない(無光層)、水深200mより深い場所に存在する海水の総称で、光が届かないため植物プランクトンは光合成ができず、窒素などの栄養塩類(各種ミネラルを含有)が豊富に含まれています。
また、深海のため水温が低く、表層水とも分離され、細菌も非常に少ないきれいな海水です。海洋深層水は、約2000年の時をかけて地球の深海を循環し熟成され、多くのミネラル成分を含んでいます。
久米島の海洋深層水は島から2.3kmの外海に深く広がる海の谷の斜面水深612mから約10℃の深層水を取水しています。
遠くに取水地がある。色が濃くなっているのは、急に深くなっているから。

うまみを引き出す天日干し製法

直火を使わず、濃縮・蒸発・天日干しで、海洋深層水の素材のうま味を活かすことにこだわりました。
海水の水分を釜で蒸発させる方法には、立釜(真空蒸発)と平釜があります。立釜を使うと立方体に近い塩化ナトリウム(NaCl)の結晶ができあがり、とがった味になります。一方、平釜を使うと、ミネラルを抱き込んで結晶は不ぞろいになり、丸みのある味になります。釜は直火でなく湯せんで、まんべんなく熱を伝えます。そして、最後は太陽の恵みをいただいて、天日でやさしく乾燥させ、まろやかな風味を生み出します。
  • 平釜の中にはEMセラミックスが入っている
  • ゴミが入らないよう、室内で天日に干されている

タコのカルパッチョ

お刺身にも。タコのカルパッチョの作り方はこちら

オリーブオイルと塩でサラダをシンプルに!

まろやかな味なので、野菜にかけてシンプルに味わってみてください。オリーブオイルをかけても◎

原材料

海水(海洋深層水)

保存方法

・直射日光・高温多湿を避け、常温で保存してください。
・吸湿して固まることがありますが、品質に変わりはありません。そのままほぐしてお使いください。

内容成分

天然の海洋深層水を原材料として用いておりますので、製造時期により内容成分量が変化することが想定されます。

(財団法人 日本食品分析センター 平成26年5月調べ)
関連する商品
一覧へ
EM・X GOLD ありがとうキャンペーン2017